<   2013年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

リコピンパワーで花粉症を軽減


どうやら、トマトジュースにふんだんに含まれているリコピンという有機化合物。
実はこのトマトジュース生活、もう15年以上も続けているんです。
という事で、以前そのカゴメが、トマトジュースを飲むと花粉症の症状が軽減するという研究発表をしました。
因みに、私は花粉症ではありませんが、元々トマトジュース大好きで、毎日飲んではリコピンを摂取しています。
これは強い抗酸化作用を持つカロテンの一種なのですが、それがいいように作用するようですね。
すると、その年は、いつもより花粉症が楽だったって言うんです。
去年だったかなぁ、あのトマトジュースで痩せられるという噂に踊らされて、しばらく毎日飲んでいた事があったんですね。
ただ、熱しやすく冷めやすいその友人は、その後きっぱりトマトジュースを飲まなくなり、リコピンも十分摂取しなくなったため、今年はしっかり花粉症に苦しんでいます。

リコピンが花粉症に効くという事は、その時は友人も知らなかったらしんです。
実際、もう10年以上も前から、毎年2月くらいになると苦しそうな表情をしていた強度の花粉症持ちの友人がいるんですけどね。
まあ今年の花粉症シーズンはまだ始まったばかりですから、今からリコピンを摂取すれば間に合うかも知れません。
なので、もしかしたら、これが花粉症にならない原因なのかもって思うし、もしそうだとしたら、やっぱリコピンパワーはすごいと思いますね。
[PR]
by wyatth | 2013-02-28 23:29 | ダイエット・美容情報

リコピンで放射線対策


一昨年の東日本大震災以来、日本に俄に降って湧いた放射線とその問題。
近年、ガンは不治の病ではなくなりましたが、それは抗がん剤と放射線治療が一般化したからに他なりません。
そして、その放射線治療の副作用を抑えるためにも、リコピンの摂取を促す専門医は大勢いるのです。

リコピンの抗酸化作用と放射能の関係は、医学界では早くから注目されていました。
確かに、自分の身は自分で守るしかない以上、これを真に受ける事も悪くはないでしょう。
それがあの原発事故により、突如明日は我が身になった訳ですから、今こそリコピンの存在と価値を知るべき時ではないでしょうか。
しかも、リコピンはとても手軽に摂取出来る上、アンチエイジングや成人病予防にもなるのですから、無理に放射線を意識する必要性なんてないんです。
これは放射線によるガンや白血病だけでなく、全てのガンに対しても言える事なので、是非覚えておいていただきたいと思いますね。
実際、我々西日本に住んでいると、口では放射線を問題視しているようには言っていても、実はそれほど気にしていないという人が少なくありません。
放射線が人体に悪影響を与えるのは、活性酸素を誘発させ、その活性酸素がDNAを傷付ける事によって細胞破壊が起こるからです。
でも、やっぱりアンチエイジングや成人病というのはみんなとても関心が高いので、そこからリコピンを取入れる生活を始めてもいいのではないかと思う訳です。
[PR]
by wyatth | 2013-02-27 23:19 | ダイエット・美容情報

リコピンの過剰摂取による副作用


実は、うちの両親は2人とも農家の出身で、トマトが大好物、塩をふって食べたら最高のおやつだと言って、毎日のように食べています。
ただし、こうした体内への悪影響は、リコピンそのものの過剰摂取による副作用ではないので、そこは勘違いしないようにしないといけませんね。
多分、リコピンなんていう物質自体知らないだろうし、過剰摂取なんて考えてもいないんだろうと思いますね。
後、リコピンそのものの過剰摂取を考えなくてもいいのであれば、今の季節はトマトシチューなんかも温かくて美味しいでしょうねぇ。

リコピンの過剰摂取、私も義理の姉に言われて、初めて考えたんですね。
そうしたら、やっぱりリコピンにはこれと言った人体への副作用がないため、過剰摂取も余り気にする必要性はないという事が分かりました。
なので、過剰摂取によって体調不良を起こす可能性も決して低くはないんですね。リコピンの過剰摂取による人体への悪影響を懸念する人が時よりいらっしゃるようです。
つまり、トマトに塩をたっぷりふって食べるのは、余り良くないかも知れないという事です。
それに、リコピンそのものには過剰摂取による大きな問題はなくても、塩分の取りすぎはよくありません。
実際、欧米ではトマトペーストを毎日の食生活に大いに取入れ、成人病の予防やアンチエイジングに勤しむお勧めというのがあるようです。
[PR]
by wyatth | 2013-02-26 23:09 | ダイエット・美容情報

リコピンを含む野菜


それに、トマトを生で食べると、どうしても体を冷やしてしまいますから、特に寒い季節はいろいろな暖かメニューを考えられると楽しいのではないでしょうか。
キュウリやゴーヤと同じ瓜科の野菜で、しかもリコピンを豊富に含む野菜なのです。
なので、ドレッシングをかけたトマト入り野菜サラダというのは、非常に効果的な食べ方と言えるんですね。
ですから、とにかく野菜は沢山食べる事がまず大事になるんですね。

リコピンと言うと、どうしても赤い色素成分というイメージが強いかと思われますが、ほうれん草を初めとする緑黄色野菜にもちゃんと含まれています。
確かどっかの会社から、リコピンを謳った野菜ジュースが発売されていたと思います。
毎日のリコピンと野菜パワーはこれだけで十分とかなんとかっていうんで、割とスーパーなどでも見掛ける商品ですよ。
そういう意味では、ニンジンや様々な野菜を入れたトマトシチューなどは、冬には嬉しいリコピン満載メニュー。
美味しく食べて、暖まって、リコピンがガッツリ摂取出来るような野菜メニュー。
レシピ関連や健康関連のブログやサイトには随分沢山紹介されていますよ。
[PR]
by wyatth | 2013-02-25 23:00 | ダイエット・美容情報

リコピンで血圧対策


そして、そのより効果的な活用法は…?っという事で、ちょこっと調べてみる事にしたのであります。
という事で、一度関連のブログやサイトで、どんな食べ物にリコピンが多く含まれているのかを調べ、新たな血圧対策にトライしてみられてはいかがでしょうか。
はやくは1950年代の半ばから研究がされていて、何も今判明した事ではないんですねぇ。

リコピンが血圧を下げ、且つ安定させる作用がある事は、もう随分昔から明らかにされていました。
もうすでに高血圧気味の人であれば、実際には、毎日平均して50ミリグラム程度のリコピンを摂取する事が必要になって来るとか・・・。
う〜ん、そうなると、今まで1日2個も食べれば十分だと言われていたトマトを、少なくても5つ以上は食べなくてはいけなくなりますね。
ただし、多くのところで言われるリコピンの毎日の摂取目安量、成人男女で15ミリグラムから20ミリグラムでしたっけか。
まあね、サプリメントを活用すれば、比較的イージーに血圧対策は出来るのかも知れません。
となると、後はどうやって1日50ミリグラムのリコピンを摂取するかという事になって来ますね。
けれど、どうせなら、リコピンを豊富に含む野菜や果物をしっかり食べる事で、より健康的に血圧対策が出来れば理想でしょう。
ですから、リコピンの力を借りて活性酸素を除去する事により、沢山のメリットを得られ、血圧も安定させる事が可能なんでしょうね、きっと。
[PR]
by wyatth | 2013-02-24 22:49 | ダイエット・美容情報

サプリメントでリコピン補充


まあ健康ブーム&美容ブームの現代社会においては、当たり前の現象と言えるでしょうね。
紫外線の強い春から夏にかけては、やや多めに摂取した方がお肌のためだとも言われていますしね。
毎日サプリメントを服用する価値と意味は十分あると思われます。
この数字だけをみると、うわぁ大変!っと思い、これはサプリメントのお世話にならなきゃ〜!っと思っちゃうんですけどね。
勿論、別に過剰摂取の心配がないのですから、確実にリコピン効果を得るためには、年中サプリを服用するというのも悪くはないでしょう。
しかし、私たち成人男女が必要とする一日当たりのリコピン摂取量は、約15ミリグラムから20ミリグラムだと言われています。
また、リコピンが豊富なトマトやスイカは体を冷やしますから、寒い時季には避けたい方も多いでしょう。
また、他の医薬品との併用による悪影響も今のところ明らかにはされていませんから、まあ安心して取入れられるサプリメントではあるでしょう。
勿論、これらの物質もリコピンと同様に高い抗酸化作用を持っていますからね。
なので、個人的にはこういうサプリメントの活用法もありなんじゃないかと思いますね。
ただし、より効果的に効能を得たいのであれば、マルチビタミンにリコピンなどのカロテンが配合されているタイプのサプリメントの方がいいでしょう。
[PR]
by wyatth | 2013-02-23 22:39 | ダイエット・美容情報

リコピンの効果


ニンジンに代表されるように、リコピンを多く含む食品は、鮮やかな赤い色をしています。リコピンは成人病予防や免疫力アップ、そして美肌作用などの様々な効果を持ち合わせていると言われています。
しかし、これらの効果は全て、カロテンの持つ強い抗酸化作用が齎すものに他ならないのです。
そのため、トマトやニンジンなどの赤い野菜を食べると、健康にも美容にも一役買う沢山の効果効能が得られるという訳ですね。

リコピンの効果として、古くから日本で親しまれて来たのは、やはり血糖値を下げる事や動脈硬化の予防など、所謂成人病対策としてのものでした。
それが研究が進むに連れ、私たちの体は活性酸素を除去する事によって、ガンの予防が出来るという事が分かって来ました。
そこで、リコピンには高いダイエット効果も期待出来るのではという話にまで発展したんですねぇ。
おまけにほら、トマトジュースを飲むと痩せられるなんていう噂が一時期急激に広がったでしょう。
ただし、だからと言って、ガンガンリコピンを摂取するだけでその効果効能をガッチリ得られるのかというと、決してそんな事はありません。
そうなれば、当然多少なりともダイエット効果も期待出来るだろうとは思いますが、ただ単にやたら目ったらリコピンを摂るだけではねぇ。
[PR]
by wyatth | 2013-02-22 22:29 | ダイエット・美容情報

リコピンとは


そして、リコピンの持つ高い抗酸化作用が体内の活性酸素を除去する事により、成人病の予防やアンチエイジングに一役買うという訳です。
後、強いて言えば、その顔料はカロテノイドであるっていう事位を知っていれば十分でしょう。
なので、取り敢えずリコピンとは、とても綺麗な赤色の顔料で、強い抗酸化力を持った物質であると覚えておけばいいと思います。

リコピンとは、βカロチンやαカロチンに変化する物質で“リコペン”と呼ぶ専門家もいますし、特に専門的にはそう表記される事も多いです。
なので、最近は花粉症の対策としても用いられる事が増えつつあるリコピン、関連のブログやサイトなどで正しく知って、正しく恩恵を被りたいものですね。
ただし、全ての赤い野菜や果実に含まれているとは限っていませんので要注意。
また、トマトがこのリコピンを非常に多く含んでいるという事もそうですね。
なんですか、育毛効果もあるなどと言われていますが、実際にはストレスによる活性酸素を軽減する事で抜け毛が減少するであろうという見解なので、ここも少しご注意。

リコピンは昨今、アンチエイジングをはじめとする美容的観点から非常に注目と人気を集めて居います。
そして何より、私たちが一番リコピンに期待しなければならない事は、やはり高血圧症をはじめとする成人病の予防効果でしょう。
[PR]
by wyatth | 2013-02-21 22:19 | ダイエット・美容情報

スポーツクラブの費用


スポーツクラブ入会時に1ヶ月分や2ヶ月分程度の入会費が必要な場合がありますので、注意が必要です。
まず、スポーツクラブの入会に必要なのが入会金ですが、無料キャンペーンを行なっているところなどもあるので、入会前に調べてみるといいでしょう。
そして、スポーツクラブの会員証などの発行に必要な事務手数料があります。
それでは、スポーツクラブを利用するには、費用ってどのぐらい必要なのでしょうか。
また、家族2人目からは入会金が半額になるスポーツクラブなどもあるようです。
そのほか、スポーツクラブの入会時には入会金や事務手数料などの費用のほか、本人確認できる書類が必要となります。
ブログやサイトなどでスポーツクラブに必要な費用を調べてみました。
入会金が半額になるとスポーツクラブに入るための初期費用が少しお得になるので、家族ですでに入会している人がいる場合にはお勧めですね。
また、月会費を年一括払いにすれば、割引になるスポーツクラブもあり、その場合は最初に費用がかかりますが、お得ですね。

スポーツクラブの月会費は、最初の月が日割りや週割で計算してくれるところが多いのではないかと思います。
[PR]
by wyatth | 2013-02-20 22:09 | ダイエット・美容情報

スポーツクラブ会員の年齢


曜日や時間帯によってスポーツクラブに通っている人の年齢層って結構違うものなんですよね。
土日になると、スポーツクラブは色々な年齢の人が増えますが、主婦はどちらかというと少ないですね。
スポーツクラブですべての時間帯や曜日を利用できる会員料金は少し高くなりますが、平日のみなどになると割引になっていたりします。
逆に、平日の夕方以降になるとスポーツクラブは、学生や仕事帰りの人が多くなります。
例えば、平日の午前中から昼にかけてスポーツクラブでは主婦や平日がお休みの人が多いのではないかと思います。
私も一度いつもと違う時間帯にスポーツクラブに行って、びっくりしたことがありました。
会員の種類があることで必然的に曜日や時間帯で同じような年齢の人がスポーツクラブに集まってくることになります。

スポーツクラブの施設によっては、平日のみや土日のみなど会員の種類がいくつか設けてあるところが多いのではないかと思います。
また、スポーツクラブ内の施設によって利用できる年齢に制限があるところもあります。
ちなみにスポーツクラブを利用できる年齢の上限は特に設けてないようです。
[PR]
by wyatth | 2013-02-19 21:59 | ダイエット・美容情報